平成の大そうじを神奈川から!

「行革魂」が政治に信頼を取り戻す

 政治不信が続いています。

「政治家の多くは選挙のことしか頭にない」と言われる始末。

 

 国政は、選挙が終わって、やっと国会が開かれ、積極的な議論されると思ったら、その矢先に出てくるのは決まって「政治とお金」や「失態、失言」といった後ろ向きの話ばかり。

 

 

 既に2005年より日本の人口は減少傾向、その中にあって、経済はガタガタ、外交・安全保障はメチャクチャ、少子高齢化はどんどん進む…。

 

 このままでは本当にこの国は危ない!

 

 私「赤野たかし」は、この強い危機意識を持って「いまの日本の政治・行政のスタイルを根本的に変える!」という決意のもと、20年近くの会社員経験と「江田けんじ」の秘書として働くことで「正道の政治のイロハ」を吸収。「41歳で人生をリセット」あえて「地方議会、しかも神奈川県政」という政治の世界に身を投じることにしました。

 

 「なぜ地方議会、そして神奈川県政なのか?」

 

 私の師である「江田けんじ」さんと共に国政において「脱官僚」「地域主権」「生活重視」をこれから強力に進めていきます。

 

 その時、必要となるのは、地方の側の「受け皿」です。

 

 そう、つまり、なぜこれまで声高に「地方分権」「地域主権」と言われながら、過去20年、25年もの間、それが単なる「かけ声」で終わってしまった最大の理由が「地方の側の受け皿」に問題があったのです。

 

 「神奈川県」は、かつては地方自治の先進県でした。

 

 ところが今は、わが国で唯一、横浜市、川崎市、そして相模原市と1つの県に3つの政令指定都市がある「県」であるがゆえに、この上に「あぐらをかき」、神奈川県として主体性、つまり「(神奈川県として)何がやりたいのか!」という存在感が見えてこない!

 

 これからは基礎自治体である「市町村」が行政サービスの主役です。

 

 しかしながら、その時に「都道府県」はどうするのか?

 

 47都道府県という数は、明治維新の廃藩置県の直後から明治20年ぐらいまでにかけて決まってきた区割り。

 

 当時の人の1日の平均移動距離はせいぜい5~6km。それが今は飛行機や新幹線を利用すればほとんど日本国中での日帰りが可能。

市町村の数はここ10年で3300自治体ほどあった数から1700に半減しました。

 

 都道府県は今のままの役割、区割りでよいのか?

 

 国の借金だけで1000兆円以上、神奈川県の借金だって約3兆7000億円もあり、これまでの既成政党による発想の「大きな政府」路線のままでは、本当に日本は破綻します。

 

 それを何としてでも阻止するためにも「無駄遣いを徹底的に根絶」し「小さな政府」を確立し、聖域をなくした行政の組織体質を変革するなかで「行き過ぎた既得権益」を失くし「財源・権限・人間」の「3ゲン」を地方に移譲することによって「年金」「医療」「介護」「子育て」と国民の皆さんが本来必要とする予算をしっかり確保せねばなりません。

 

 その時に立ちはだかるのは何より「県」の存在なのです。そして今の法律では国の事業が県を飛び越してそのまま「市」にくることはありません。

 

 つまり「この国の新しいかたち」をつくる際「都道府県のかたち」をどうするかによって、この日本の未来の明暗は決まるのです!

 

 「神奈川県」には「潜在力」があります。

 

 「高齢化社会」は何も悪いことだけではありません。

 

 「知識」「経験」を積まれた方がこの日本の社会の中にたくさんいらっしゃるということ。

 

 日本は成熟社会に入りました。こうした「マンパワー」を「社会に」「公に」大いに発揮していただければよいだけの話です。

 

 私「赤野たかし」は、この神奈川県をどう変えるかによって「日本の『公』の新しいかたち」が見えてくると本気で思っています。

 

 日本人の心の中にある「ふるさと」。

 

 その単位はいまだもって多くが「都道府県」です。

 

 神奈川県で生まれ、そうでない人であっても神奈川県で子や孫(その子らの「ふるさと」は当然「神奈川県」)を授かり、人生の多くの時間をこの地域で過ごす…

 

 この海と山とに代表される豊かな自然環境のなかにあって、政治・行政の面においても、住民本意の視点から変革し、「日本人として生まれてよかった!」「この神奈川に住んでよかった!」と心から思える「存在感」のある「神奈川」にしていきたいと思います。

 

 そして「神奈川県」から「この国の新しいかたち」、そして「新しい『公』のかたち」をどんどん提言していきます。

 

 そのためには、私自身「全く新しいタイプの地方議員」にならねばなりません。

 

 これまで20年間「国と地方」「官と民」との関係機関の間に立ち、常に「改革派」として「しくみや制度を変える」という仕事をしてきた「行革魂」が私のなかにあります。

 

 行き過ぎた「既得権益」は社会の「活力」を奪います。

 

 「平成の大そうじを神奈川から」

 

 江田イズムを県政に! この「赤野たかし」に是非ともお力をあたえてください!